自動車の板金塗装の相場について解説します

自動車の板金塗装とは、外部の鋼板であるボディの傷やへこみを修理する方法です。自動車修理の仕上げとも言えるもので、部分的なものから全体に及ぶものまでさまざまです。自動車板金塗装の流れとしては、傷やへこみを板金と呼ばれる方法である程度修正します。板金は金槌で叩いたり、専用の工具で押し出したり、溶接機を使って引っ張り出すといった方法で行われます。板金ですべての形に戻すことができないのでパテを塗って最終的に元の形にします。そこへ専用の自動車塗料を用いて塗装して仕上げるというものです。相場としては、フェンダーやドアなどブロックごとに加算され、一般的には2万円から4万円程度が相場ですが、部分塗装など簡易な修理とした場合には小さなキズであれば1万円以下で行ってくれるところもあります。

傷ついた自動車修理の種類について

傷ついた自動車を修理する場合には、外部の鋼板であるボディでその傷が収まっているかどうか判断することから始まります。ボディで傷が収まっている場合にはボディを修理するだけで良いですが、自動車本体であるシャシにまでその影響が及んでいる場合にはシャシを修正する必要があります。ボディの修理は、容易に交換できるバンパー、ボンネット、フロントフェンダー、ドア、リアゲートなどであれば、大きくへこんでいたり、穴が空いている場合などは交換されます。一方でルーフやリアフェンダーなどは、溶接によってシャシに接合されているので、よほどのことがない限り交換は行わず板金塗装で修理が行われます。また少しの傷であったり、交換部品などが手に入らない場合には板金塗装で修理を行うのが一般的ですし、交換部品でも中古品で傷が付いている場合には板金塗装で修理してから取り付けられます。

板金塗装した場合の料金相場について

板金塗装の料金相場は、その塗装の仕方で変わってきます。一般的にパーツをまるごと塗るのが一本塗りと呼ばれるものです。この場合にはパーツをまるごと塗装するので仕上がりが良いメリットがあります。一方で部分塗りがあり、これは傷ついた場所のみ色の付いた塗装して、周囲との境界をボカしてしまう方法です。この場合には塗る面積が狭いので料金は少し安くなりますが、簡易修理といった感じです。いずれにしても塗装の場合には手作業で行われるので作業する人によって出来栄えが変わってきます。料金としては簡易修理であれば1万円を切る価格で提供しているところもありますが、実際のことは1つのパーツごとに2万円から4万円程度必要です。また修理すべき面積が大きくなるほど費用が高くなる傾向にあり、一定の基準を超えると板金塗装をするよりもパーツ交換の方が安くなるため、程度によってはパーツ交換を勧めてくる業者もあります。

当社の強みは、電気メーターの検定及び計測器の校正等において公正中立な機関で技術で確かな信頼を築いていることです。 産業界への計測技術の普及を目的としてた計測技術セミナーを定期的に開催し、計測器を使用される皆様に計測技術をお伝えしています。 感電による事故を未然に防ぐためにも、定期的な点検をおすすめします。 jcss校正はJEMIC(ジェミック)