自動車の板金塗装のメリットデメリットとは?

自動車の板金塗装とはどのようなこと言うのでしょうか。板金とは、車のある部分、主にバンパーやサイドのドアなどが多いですが、ぶつけてしまい、凹みができたり、傷がついてしまった部分をハンマーなどで元に戻す作業を言い、それに塗装を加えて板金塗装という工程として呼ばれていることが多くなっています。では、この板金塗装のメリットとデメリットはどのような点が挙げられるのでしょうか。まずは、料金です。特殊なボディカラーであったり、凹みがひどい場合、様々な要件によって料金が異なり、直るまでに時間がかかるというのもデメリットとなります。反対にメリットは、元の通りに傷や凹みが修理され、見た目にはほとんどわからない状態まで復元されるという点です。自動車の板金修理依頼はまずはディーラーや板金塗装店に相談することから始めると良いです。

板金塗装の業者によっては仕上がりが異なる点に注意

板金塗装はどの修理工場で行っても同じと思われている人が多いのではないでしょうか。これは大きな間違いで、料金が安ければ良いという観点でどこでもいいという場合と、仕上がり重視の場合とでは全く異なる結果となるので注意が必要です。まずは、自動車の修理を申し込む前に、仕上がりがどのくらいになるのかしっかりと聞いておくことが必要です。特に、特殊なボディカラーを使用している自動車の場合、板金塗装の代金だけ高くつき、結局仕上がりが上手くない、ムラが出ており、横からよく見ると塗装したのが分かるということもあります。こうした点をデメリットとして認識し、しっかりと業者選びを行うことが大切です。板金が上手くても塗装の仕上がりが良くないということもあるため、自分の認識をしっかりと業者に話すことが大切です。

元のとおりに修復されるからメリットが大きいのも事実

自動車をどこかにぶつけてしまい、バンパーが凹んだままの状態の車をよく見かけますが、やはり見栄えが良くありません。板金塗装には修復の料金がかかりますが、凹んだままの状態で走っているよりも元の通りに修復してもらった方が気持ちも良く走行できます。この点は非常にメリットがあり、運転中には塗装して直したということは分かりません。完全に元通りとまではいかない場合もありますが、板金塗装を行うことで、サビが発生することも防ぐことができ、自動車の寿命を長くするという点でも非常にメリットがあります。塗装し直した箇所はどうしても周りに比べて、くすみがちですが、さびてしまうよりもはるかに長持ちします。この点は、修理して直してまた長く走り続けるという目で見ても非常にメリットがあります。